Bic simに乗り換えました

SoftbankVodafoneの時から使っていたのですが、2017年GW中に別れを告げて、Bic simに乗り換えました。

理由はシンプルで、通信費の削減が目的です。

夫婦でiPhoneなので、試算だと一ヶ月につき1万円弱の削減が出来るはず…。しばらく、解約手数料やらなんやらで支払いは増えそうですが、7月以降を楽しみにしたいと思います。

 

我が家は夫が聞こえなくて、妻が聞こえるという家族であることを念頭において、乗り換え時の手順を記録しておきます。

なお、電話番号はそのまま乗り換えたかったのでMNPしました。

契約名義は夫の名義です。

 

Softbankから予約番号を貰う その1

最初は妻に電話して貰い、予約番号を受け取ろうとしましたが、本人確認が出来ない云々で少々揉めてしまいました。

妻が強く言った結果、拙い発音で名乗ることで本人確認が出来た、ということになりましたが、音声だと成りすましが容易ですよね。この辺り、おかしな話だなと思います。

何とか本人確認が出来て、その後のやり取りは妻にやってもらったのですが、契約内容が認識していたのと違ったので電話での予約番号発行はやめて店頭に行くことになりました。

教訓:聞こえない人が名義人の時は素直にお店に足を運んだ方が早い。

 

Softbankから予約番号を貰う その②

というわけで、お店に足を運んで予約番号が欲しい旨伝えます。多少引き止めはありますが、もう決めたんだ!という強い意志を見せればよろしいかと。

店頭だと、契約内容についても詳しく確認出来るので安心です。

店頭では特に聞こえないから困ることもなく、筆談でのやり取りでスムーズに進みました。

 

Bic simに申し込む

ビックカメラ店頭でも、インターネットからでも申し込みが出来るので、どちらのやり方でもよろしいかと。

私は店員さんに質問したい事項も無かったのでインターネットから申し込みしましたが、質問がある時は店頭での方がいいでしょうね。

インターネットで申し込んだら、翌々日にはSIMカートが届きました。

 

④携帯にSIMカードを刺して開通手続き

ここでまた、聞こえないと困る出来事があります。開通させるには指定された電話番号に電話しないといけませんでした。

今回も妻に頼りまして、対応してもらったんですが、自動応答のようなので、トリガーとなる音さえ拾えれば、聞こえない人でも自分で出来るのかも…?

店頭でやる時は別料金らしいのですが、聞こえない人を対象にした、何かサービスがあるといいかもなぁと思いました。

教訓:聞こえない家族だとちょっと厳しいかもしれない。聞こえる知人の助けが必要。

 

⑤その後

メールアドレスの変更は新アドレスから一括で送信しました。アドレス漏洩がないように、送信対象の人は全員BCCで指定しました。

新アドレスは@icloud.comを使っています。

インターネットの速度は現状、不満もありません。YouTubewifi環境でしか見ませんし。

 

⑥まとめ

私自身は慎重に下調べして、メリットとデメリットを確認した上で乗り換えました。

ニュースで格安スマホのトラブルが増えているとも言っていましたので、乗り換える際はじっくり下調べしましょう。

特に、店頭での相談がやりにくくなるので聞こえない人にとってはそこがデメリットになるかと思います。

周りに知識を持つ人がいるから平気平気、という思考を持つ人もいるかと思いますが、その知人は無償で手助けしてくれているだけです。

何かの拍子にトラブルになった時人間関係も含めて困るよ、というのも忘れないようにしたいものです。