2017年11月時点の自分の思考を整理

ただの思考整理メモです。

 

●何が好きなのか?

ニーズに合わせて、新しい仕組みを考えて、実際に組み立てる。

うまく行かないとき、あれこれ試行錯誤して原因を究明する。

→うまく動いた時は嬉しいけど、大抵は誰も褒めてくれない。

→すぐに他人に頼ろうとするタイプの人には冷たくしてしまうが、よく考えると自分も初心者の時は割と頼りがちだったなと後になって反省する。

 

●何があまり好きではないのか?

他者が作った、自分の好みではないコードにガッツリ手を加える。

設計思考が受け入れられないものであればなおさら。

→大人なので一回だけなら我慢して淡々と対応するが、繰り返し来るとやる気がなくなってくる。

→設計思考がわかれば、一応それに合わせて柔軟に対応はするよう心がけてはいるが…

 

●なぜこの業界に入社したのか?

情報弱者の弱い部分を少しでも補えるお手伝いがしたかった。

直接補えなくても、直接補う人の負担軽減に繋がれば良さそう。

 

●今の不満

今のお仕事は、弱者に向けて全くお手伝いが出来ていない。

 

●自分に足りないもの、あるいは諦めてしまっているもの

夢を実現するために必要なプラスアルファの勉強をするための意欲

 

ふーむ。

次の面談で他のお仕事がしたいと訴えてみるか…

 

 

Eclipse Oxygen.1a (4.7.1a) でJava9+JUnit5を試したよ

導入

このツィートを見たので早速試してみた。

最近のeclipseはトップページからだとインストーラをダウンロードさせようとするが、以下ツィートのリンク先は昔からのユーザーにはおなじみの選択制zipなので嬉しい。

JUnit5のチュートリアルはこれを見ながらやる。

JUnit 5 User Guide

でも、全編英語なので(当たり前)これも見ながらの方がいいかもしれない。

qiita.com

d.hatena.ne.jp

当たり前だけど、特にはまるポイントもなく環境は作れた。

JUnit 5 User Guide の注意点

  • mavenで何を書けばいいかが初見だとわかりにくいので、"2.3. JUnit Jupiter Sample Projects"内にリンクされている、githubのサンプルからコピペした方が楽かも。
    • あるいは、前述したきしださんのブログに書かれているpom.xmlをコピーするか。
  • 基本は書かれているコード例をコピペで試せるが、"3.4. Assertions"だけコンパイルエラーが出る。該当メソッドはコメントアウトが無難。
  • 5章のコードをコピペしてね、とか、github上のサンプルコードを持ってきてね(意訳)というサンプルがちらほらあるので柔軟に対応しよう。
  • MockItoが唐突に出てくるが、導入の方法は書かれていないので以前に書いたpom.xmlが無ければググる必要がある。(ベータ版を使う?)

JUnit5を試した感想

  • JUnit4で動いているテストは今すぐ書き換えなくていいかな。
  • 新規で作るプロジェクトはJUnit5で書くのを視野に入れてもいいかも。
  • Parameterized Testsは便利そう。

JavaOne2017に日本から参加した方々のブログ記事まとめ

個人的なメモです。

gihyo.jp に掲載されているレポート

http://gihyo.jp/news/report/01/JavaOne2017

Publickey(@Publickey)

http://www.publickey1.jp/blog/17/javaone_2017_keynote.html http://www.publickey1.jp/blog/17/javaproject_amberjavaone_2017.html

Takaaki Sugiyama さん(@zinbe)

http://nebuta.hatenablog.jp/entry/2017/10/02/161954 http://nebuta.hatenablog.jp/entry/2017/10/04/233841 http://nebuta.hatenablog.jp/entry/2017/10/07/205217

きしださん(@kis)

http://d.hatena.ne.jp/nowokay/20171002#1507028477 http://d.hatena.ne.jp/nowokay/20171003#1507163551 http://d.hatena.ne.jp/nowokay/20171004#1507329281 http://d.hatena.ne.jp/nowokay/20171005#1507599558

新・小僧さん(@toastkidjp)

https://reminiscencesoftoastkid.tumblr.com/post/165957550938/javaone-2017-day-1-flash-report https://reminiscencesoftoastkid.tumblr.com/post/165993641483/javaone-2017-day2-flash-report https://reminiscencesoftoastkid.tumblr.com/post/166028869458/javaone-2017-day3-flash-report https://reminiscencesoftoastkid.tumblr.com/post/166063657828/javaone-day4-flash-report https://reminiscencesoftoastkid.tumblr.com/post/166097265923/javaone-day-5-flash-report

よこなさん(@ihcomega)

http://ihcomega.hatenadiary.com/entry/2017/10/02/182157 http://ihcomega.hatenadiary.com/entry/2017/10/06/082500

まーやさん(@maaya8585)

https://hotchpotchj37.wordpress.com/2017/10/02/javaone-2017-1%E6%97%A5%E7%9B%AE%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88/ https://hotchpotchj37.wordpress.com/2017/10/03/javaone-2017-2%E6%97%A5%E7%9B%AE-%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88/

Java9のモジュール化について考えてみた #java9

これは何か

モジュール化のメリットがよくわからなかったので、実際に手を動かしながら考えてみた。

seasar2時代から発展していない時代遅れの脳だと、以下の構成がしっくり来た。

モジュールの分け方

actionModule、formModule、serviceModuleの3つに分けてみる。

  • actionModuleはformModuleとserviceModuleを参照できる。
  • formModuleはactionModuleからしか参照できない。
  • serviceModuleはactionModuleから参照できない。

これで、xxxFormをうっかり(わざと?)serviceModule内で参照することを防ぐことができる。

または、formModuleでの入力チェックを行うために、serviceModuleを呼び出してしまうという事故も防げる。

お互いのモジュールの役割分担が出来るので、役割が分かりやすくなるかもしれない。

クラスパスの制御でもそれ出来るんじゃん?

今までは確かにクラスパスに追加する/しないでコントロールできたが、モジュール作成者の意図に沿ったものとは限らなかった。

今回、module-info.javaに依存関係を明記できるようになったことで、モジュール作成者の意図が伝えやすくなる。

思考をまとめてた時のソース

aaaActionModule

package action.project;

import form.project.Form;
import service.project.Bean;
import service.project.Service;

public class Action {

    public static void main(String... args) {
        Form form = new Form();
        form.setName("aaa");

        Bean bean = new Bean();
        bean.setName(form.getName());
        Service service = new Service();
        service.execute(bean);
    }

}
module aaaActionModule {
    requires aaaFormModule;
    requires aaaServiceModule;
}

aaaFormModule

package form.project;

public class Form {

    public String getName() {
        return name;
    }

    public void setName(String name) {
        this.name = name;
    }

    private String name;

}
module aaaFormModule {
    exports form.project to aaaActionModule;
}

aaaServiceModule

package service.project;

public class Bean {

    public String getName() {
        return name;
    }

    public void setName(String name) {
        this.name = name;
    }

    private String name;

}
module aaaServiceModule {
    exports service.project to aaaActionModule;
}

参考にしたサイト

qiita.com

d.hatena.ne.jp

java.util.ObjectsクラスにcheckIndex()なるメソッドが増えてた話 #java9

序章

Java1.8とJava9のArrayListのソースを比較していたところ、set(int index, E element)/get(int)メソッドの中身が変わっていることに気づきました。

setメソッド

  • Java1.8
public E set(int index, E element) {
    rangeCheck(index);

    E oldValue = elementData(index);
    elementData[index] = element;
    return oldValue;
}
  • Java9
public E set(int index, E element) {
    Objects.checkIndex(index, size);
    E oldValue = elementData(index);
    elementData[index] = element;
    return oldValue;
}

getメソッド

  • Java1.8
public E get(int index) {
    rangeCheck(index);

    return elementData(index);
}
  • Java9
public E get(int index) {
    Objects.checkIndex(index, size);
    return elementData(index);
}

Objectsクラスを見てみる

ObjectsクラスにcheckIndex()なるメソッドが追加されたようです。中身を見てみます。

/**
    * Checks if the {@code index} is within the bounds of the range from
    * {@code 0} (inclusive) to {@code length} (exclusive).
    *
    * <p>The {@code index} is defined to be out-of-bounds if any of the
    * following inequalities is true:
    * <ul>
    *  <li>{@code index < 0}</li>
    *  <li>{@code index >= length}</li>
    *  <li>{@code length < 0}, which is implied from the former inequalities</li>
    * </ul>
    *
    * @param index the index
    * @param length the upper-bound (exclusive) of the range
    * @return {@code index} if it is within bounds of the range
    * @throws IndexOutOfBoundsException if the {@code index} is out-of-bounds
    * @since 9
    */
@ForceInline
public static
int checkIndex(int index, int length) {
    return Preconditions.checkIndex(index, length, null);
}

Preconditionsなる慣れないクラスが出てきました。
どうやら、Java9で新たに追加されたクラスの様で、パッケージは jdk.internal.util です。
なんとなく、一般開発者はあまり直で触らない方がよさそうな雰囲気のパッケージ名です。深入りせずに、戻ることにします。

Objectsクラスに戻ってみると、checkIndex()メソッド以外にcheckFromToIndex()や、checkFromIndexSize()というメソッドも追加されています。

/**
    * Checks if the sub-range from {@code fromIndex} (inclusive) to
    * {@code toIndex} (exclusive) is within the bounds of range from {@code 0}
    * (inclusive) to {@code length} (exclusive).
    *
    * <p>The sub-range is defined to be out-of-bounds if any of the following
    * inequalities is true:
    * <ul>
    *  <li>{@code fromIndex < 0}</li>
    *  <li>{@code fromIndex > toIndex}</li>
    *  <li>{@code toIndex > length}</li>
    *  <li>{@code length < 0}, which is implied from the former inequalities</li>
    * </ul>
    *
    * @param fromIndex the lower-bound (inclusive) of the sub-range
    * @param toIndex the upper-bound (exclusive) of the sub-range
    * @param length the upper-bound (exclusive) the range
    * @return {@code fromIndex} if the sub-range within bounds of the range
    * @throws IndexOutOfBoundsException if the sub-range is out-of-bounds
    * @since 9
    */
public static
int checkFromToIndex(int fromIndex, int toIndex, int length) {
    return Preconditions.checkFromToIndex(fromIndex, toIndex, length, null);
}

/**
    * Checks if the sub-range from {@code fromIndex} (inclusive) to
    * {@code fromIndex + size} (exclusive) is within the bounds of range from
    * {@code 0} (inclusive) to {@code length} (exclusive).
    *
    * <p>The sub-range is defined to be out-of-bounds if any of the following
    * inequalities is true:
    * <ul>
    *  <li>{@code fromIndex < 0}</li>
    *  <li>{@code size < 0}</li>
    *  <li>{@code fromIndex + size > length}, taking into account integer overflow</li>
    *  <li>{@code length < 0}, which is implied from the former inequalities</li>
    * </ul>
    *
    * @param fromIndex the lower-bound (inclusive) of the sub-interval
    * @param size the size of the sub-range
    * @param length the upper-bound (exclusive) of the range
    * @return {@code fromIndex} if the sub-range within bounds of the range
    * @throws IndexOutOfBoundsException if the sub-range is out-of-bounds
    * @since 9
    */
public static
int checkFromIndexSize(int fromIndex, int size, int length) {
    return Preconditions.checkFromIndexSize(fromIndex, size, length, null);
}

新たなメソッドを使ってみる

とりあえず、使ってみることにします。

import java.util.Objects;

public class CheckSize {

    public static void main(String... args) {

        checkIndex();
        checkFromToIndex();
        checkFromIndexSize();

    }

    private static void checkIndex() {
        int a = Objects.checkIndex(2, 8);
        System.out.println("checkIndex:" + a);
    }

    private static void checkFromToIndex() {

        int a = Objects.checkFromToIndex(2, 8, 10);
        System.out.println("checkFromToIndex:" + a);

    }

    private static void checkFromIndexSize() {

        int a = Objects.checkFromIndexSize(2, 8, 10);
        System.out.println("checkFromIndexSize:" + a);

    }

}

実行結果はこうなりました。

checkIndex:2
checkFromToIndex:2
checkFromIndexSize:2

JavaDocにも書かれているように、引数に問題が無ければ一番目の引数をそのまま返すようです。 では、不正な値を渡したらどうなるのでしょう?

private static void checkIndex() {
    int a = Objects.checkIndex(8, 2);
    System.out.println("checkIndex:" + a);
}

こんなエラーを吐きました。

Exception in thread "main" java.lang.IndexOutOfBoundsException: Index 8 out-of-bounds for length 2
    at java.base/jdk.internal.util.Preconditions.outOfBounds(Preconditions.java:64)
    at java.base/jdk.internal.util.Preconditions.outOfBoundsCheckIndex(Preconditions.java:70)
    at java.base/jdk.internal.util.Preconditions.checkIndex(Preconditions.java:248)
    at java.base/java.util.Objects.checkIndex(Objects.java:372)
    at test.CheckSize.checkIndex(CheckSize.java:16)
    at test.CheckSize.main(CheckSize.java:9)

他のメソッドだと以下の通りです。

  • checkFromToIndex()メソッドとそのエラー内容
private static void checkFromToIndex() {
    int a = Objects.checkFromToIndex(8, 1, 10);
    System.out.println("checkFromToIndex:" + a);
}
Exception in thread "main" java.lang.IndexOutOfBoundsException: Range [8, 1) out-of-bounds for length 10
    at java.base/jdk.internal.util.Preconditions.outOfBounds(Preconditions.java:64)
    at java.base/jdk.internal.util.Preconditions.outOfBoundsCheckFromToIndex(Preconditions.java:76)
    at java.base/jdk.internal.util.Preconditions.checkFromToIndex(Preconditions.java:295)
    at java.base/java.util.Objects.checkFromToIndex(Objects.java:398)
    at test.CheckSize.checkFromToIndex(CheckSize.java:22)
    at test.CheckSize.main(CheckSize.java:10)
  • checkFromIndexSize()メソッドとそのエラー内容
private static void checkFromIndexSize() {
    int a = Objects.checkFromIndexSize(2, 1, 1);
    System.out.println("checkFromIndexSize:" + a);
}
Exception in thread "main" java.lang.IndexOutOfBoundsException: Range [2, 2 + 1) out-of-bounds for length 1
    at java.base/jdk.internal.util.Preconditions.outOfBounds(Preconditions.java:64)
    at java.base/jdk.internal.util.Preconditions.outOfBoundsCheckFromIndexSize(Preconditions.java:82)
    at java.base/jdk.internal.util.Preconditions.checkFromIndexSize(Preconditions.java:343)
    at java.base/java.util.Objects.checkFromIndexSize(Objects.java:424)
    at test.CheckSize.checkFromIndexSize(CheckSize.java:29)
    at test.CheckSize.main(CheckSize.java:11)

まとめ

通常のロジックで使うにはちょっとエラーメッセージが不親切、という印象です。自分で丁寧に判定ロジックを書いて、状況に合わせてわかりやすいメッセージを作った方がいいかもしれません。

そもそも、使い道がほとんどなさそうです。フレームワーク側で使うかも?くらいでしょうか。何かこんなパターンの時使えるのでは、という閃きがありましたら、教えてください。

10/5追記

Objects.checkIndexメソッドはArrayList.java以外にどこから呼ばれてるのかなとソースコードgrep検索したところ、java.util.ImmutableCollections.javajava.util.AbstractList.java からも呼ばれていました。とはいえ、この二つは開発者は意識しないと思うクラスなので本当に「へー」程度ですね。

#Java9 #String 文字列結合のパフォーマンス向上について

相変わらず謎は解けていない。

www.baeldung.com

www.sitepoint.com

で載っているテストコードを読むと、半角数字の結合結果だけのように読める。
確かに、半角数字だとパフォーマンスはよくなっているのだが、半角英字だとパフォーマンスが悪くなった。

半角英字でパフォーマンスがよくなった、という記事がまだ見つけられていない。

あと、VMオプションは -XX:-CompactStrings でいいようだ。

追記

dzone.com

リンク先のYoutube先で紹介しているテストコードは半角英字だけど、for文でのループはしてないな…。 自分のテストコードのパターンだと遅くなる系だろうか。

2017年9月にリリースされたJava絡みの公式チュートリアルまとめ

これは何の記事?

いつかやってみるかもしれないチュートリアルをまとめておく。

一覧

JUnit 5 User Guide

  • 2017/9/10リリース。
  • PDFへのリンクあり

JUnit 5 User Guide

Java Shell User’s Guide

  • 2017/9/21リリース

Java Platform, Standard Edition Java Shell User’s Guide - Contents

Project Jigsaw: Quick Start Guide

  • 2017/9/21リリース

Project Jigsaw: Quick Start Guide

Java EE Tutorial

  • 2017/9/21リリース。

Java EE Tutorial